女性

治療方法は選べることも

小さなほくろはレーザーや電気メスで蒸散させたり焼灼したりして除去し、大きなものは切除して除去後縫合します。どれも傷跡が残りにくい治療ですが絶対ではないので、不安があればカウンセリングにて解消してから施術に望みましょう。

詳しく見る

カウンセリング

医療レーザーでの美容医療

いろいろな肌の悩みやコンプレックスを、素早く効果的な最新治療で解決してくれるのが美容医療です。自分では消すことができないシミやほくろも、最新の医療レーザーマシンによる治療たった一回で綺麗に消失します。

詳しく見る

女医

カウンセリングで判断する

ほくろ治療をする際にはカウンセリングで不安が取り除けるようなクリニック選びをすることが大切です。また施術方法によって費用や仕上がりに大きな違いがあることから、何を優先するのかをよく考慮した上で施術方法を選ぶことも必要です。

詳しく見る

ほくろ

盛り上がるのはなぜ

母斑細胞であるほくろは成長の仕方を間違った形成異常と考えられていますが、両性腫瘍で除去の必要はないです。でも、盛り上がったり大きかったりして気になる場合は手術で除去可能です。美容外科で取ると目立たない傷跡に仕上がることが期待できます。

詳しく見る

女性

顔の悩みを短時間で解決

ほくろの除去には、レーザー治療と手術による治療があります。ほくろの大きさなどにより、最適な除去方法を選ぶことが大切です。また、ほくろの除去は手術痕が目立ちにくい仕上がりとなるため、安心して治療を受けられる人気の施術です。

詳しく見る

レーザーで綺麗に仕上げる

女性

良性と悪性がある

誰でも体のどこかにはほくろがあるものですが、目立つ場所にできてしまうととても気になるものです。お化粧で隠せるようなものなら顔にできても気にならないかもしれませんが、盛り上がって大きくなったものでは人目が気になる人もいるでしょう。そんなほくろはクリニックで除去することができます。いくつかの条件はありますが保険が適用されるケースもあり、比較的安価な費用で治療を済ませることも可能です。また治療時間も短時間で済むことから気になっている人はクリニックで除去するのが良いでしょう。このほくろ除去ではレーザー治療を受けると仕上がりがとても綺麗だとされています。他の除去方法では傷跡などが残る可能性もあり、目立つ場所のほくろ除去ではレーザー治療を受けるのが良いでしょう。ただレーザー治療は保険適用外となるため治療費は全額負担をする必要があります。 少しの傷跡は残っても構わないという場所であれば保険が適用されるクリニックで治療を受けるのが良いでしょう。目立つ場所であれば少しお金を出して綺麗に仕上がるレーザー治療を受けることを考えてみましょう。あまり目立たないような場所であれば除去する必要はないと考える人もいるかもしれませんが、ほくろには良性のものと悪性のものがあります。悪性のものは取り除く必要があり、少しでも気になっている人はクリニックに出かけて診断をしてもらうのも良いでしょう。ほくろは一度除去したからといって二度とそこにほくろができないというわけではなく、再発する可能性もあります。再発する可能性があるのなら良性は除去する必要はないと考える人もいるでしょう。しかし目立つ場所にあるケースでは毎日のようにお化粧で隠す人も多いですし、人目を気にしながら時間を過ごすのは精神的な負担もあります。クリニックによっては取り残しによって再発した場合には無料で治療が受けられるところもあります。このようなクリニックを利用すれば再発をしても問題ないでしょう。ほくろには悪性のものもあることから少しでも気になる人はクリニックで除去することで人目も気にならなくなりますし、良性か悪性かはっきりとして安心して生活を送ることもできるようになります。

Copyright© 2018 メイクで隠せないほくろは除去するのが一番【レーザー治療を受ける】 All Rights Reserved.