顔の悩みを短時間で解決

女性

あっという間に綺麗な肌へ

ほくろは色や大きさ、皮膚の表面から見た場合の隆起している程度など、人それぞれ個人差があります。そのため、除去する際の治療方法も、その状態に合わせたものとなります。除去方法は大きく分けて二つあります。一つ目は、レーザー治療です。これは、小さなほくろを除去したい方にオススメです。レーザーを、ほくろの細胞にピンポイントで当てていきます。そのため、周りの皮膚を傷つける心配があります。またメスで切る必要もないので、短時間の治療で痛みも少なく除去することができます。二つ目は、手術による治療です。これは、大きなほくろを除去したい方にオススメです。切開し、縫合することで除去を進めていきます。仮にほくろが特に大きく、一度の切除の場合、皮膚が寄らないと判断された場合は、二度に分けて手術することもあります。また、抜糸には約一週間かかります。メスは使いますが、切除する部分が比較的小さいため、手術痕も目立たないと人気の除去方法となっています。また、除去方法は自分で判断せず、担当医師と相談しながら最適な除去方法を決めることが大切です。美容クリニックにより、レーザーの種類や手術方法、料金設定も異なります。そのため、安さだけで比較をすることなく、仕上がりや院内の清潔感、雰囲気などを総合的に判断し、一番魅力を感じる美容クリニックで治療を受けることが大切です。ほくろの除去は、治療後のケアも重要です。治療後の肌の状態は非常にデリケートです。そのため、レーザー治療や手術によりほくろを除去をした部分は、いつも清潔に保つ必要があります。レーザー治療をした場合、その部分は小さくかさぶた状態となります。この時、無理にかさぶたを剥がしたり、乾燥させたりすることなく、自然に剥がれることを待ちます。かさぶたが剥がれた後の肌は、ピンク色から徐々に肌の色の状態へ戻っていきます。手術治療により除去した場合は、抜糸までの期間は特に細菌など入らないよう細心の注意を払います。手術痕は徐々に薄くなり、元の肌の状態に近付いていきます。基本的にほくろの除去は大きな傷が残りにくいので、安心して手術を受けることができます。そして、治療後のケアまでしっかり行うことができれば、より綺麗な肌の状態に仕上がります。

Copyright© 2018 メイクで隠せないほくろは除去するのが一番【レーザー治療を受ける】 All Rights Reserved.